あーぬんなサイト

どうも、あーぬんなサイト(Asro Blog)へようこそ! 日常からゲームも含めオールジャンルでやっています! 各SNSリンクは上部のメニューバーより飛ぶことができます。 よろしければ是非登録よろしくお願いしますm(_ _)m

タグ:キーボード

ブログネタ
PCパーツ情報 に参加中!
どうも、アスロです☆⌒(*^-゜)v



とあるゲーミングブランドが買収されるようです。






002




北米時間2019年3月14日,米Turtle Beachは,ゲーマー向け周辺機器メーカーである独ROCCAT1480万ドル(約16億5400万円)で買収すると発表した。買収完了後,ROCCATはTurtle Beach傘下のブランドとして存続するようだ。

 2011年に日本市場への本格参入を果たしたものの,これといった実績を上げることなく事実上の撤退状態に追い込まれたため,日本での知名度はあまりないTurtle Beachだが,実のところ,北米の据え置き型ゲーム機向けヘッドセット市場では最大手の一社だったりもする。
 そんな同社にとって,本拠地であるドイツを中心とした欧州市場,そしてアジア市場で存在感があり,またPC向けのマウスとキーボード,ヘッドセットで実績のあるROCCATは,市場の拡大,そして製品ポートフォリオの拡充という観点で望ましい提携先とのことだ。またROCCATの側でも,北米市場における販売と流通の強化を図れるという点で,Turtle Beachとの提携は意味があると考えているという。

 ROCCATの販路を使って,Turtle Beach製のゲーマー向けヘッドセットが国内市場で流通することもありえそうなので,今後の展開が楽しみとなりそうだ。




Auditionという音ゲーをしているんですけど、キーボードがやはり大事で、



かれこれ6、7年前くらいになるけど、キーボードを買ってはいろいろ試していた。



そんな中、自分もROCCATのIskuというキーボードを使用していた時期がありました。。




roccat-isku-illuminated-usb-gaming-keyboard-00004

ROCCAT Isku Illuminated Gaming Keyboard JP ゲーミング キーボード ROC-12-716-AS
(生産終了品)

メンブレンキーボードで日本語配列。

有線でUSB




まだ実家行けば多分物はあると思うんですけど、まず最初の印象としては・・・・



デカい!


普通のキーボードより絶対場所とるくらいデカかったのを覚えています。




thumb_830x490_gallery-isku-picture02-v1



こちらが横にした時の写真です。


パームレストも大きくて使いやすいのと、ボタンがそんなボコボコしていないのも印象的ですね。




ただ物が大きい上、ボタンも大きい。

少しキーが重めであったということで、すぐ・⌒ ヾ(*´ω`) ポイしましたw


今使っているがやはり1番!! 

※今使用しているキーボード→ http://www.asroblog.com/archives/30468633.html




音ゲーには向きませんが、FPSなら向いていたかもしれませんね。








こうやってブランドが買収されるのは残念なことではありますが、完全に消えたわけじゃないので良かったのかなと思います。





というわけで、また次回のブログも楽しみにしていてくださいねヽ(*´∀`)ノ











人気ブログランキング

ブログネタ
AV,家電 に参加中!
どうも、アスロです☆⌒(*^-゜)v



今回はPCのキーボードについての話をしていこうと思います!





まず現在使ってるキーボードなんですが


IMG_6150


ZOWIE GEAR CELERITAS JP2 MX RED


Cherry社のCherry MX 赤軸モデルになります。


そもそもCherryってなんぞって話になるんですが、


メカニカルキーボードで有名なダイヤテック社のFILCOのページに書いてありますので
そちらを参考に見てくださいw

詳細はこちら→ Cherry MXについて



FILCOのページにも書いてあるとおり




赤軸は結構




軽いんですw






81q0YWRekLL__SL1500_

X-BEAT時代に大変お世話になったMicrosoft社のSideWinder x4

ゲーミングキーボードにしては薄くて打ちやすく、Pもよく出てかつリーズナブルな価格で結構使ってるユーザーを耳にしましたねw


それとキーが光って、明るさも4段階に調整できる、マクロもあるというねww







で、X-BEATがなくなった今



ZOWIE GEAR CELERITAS JP2 MX RED

にしたかというと・・・





まず1つ目の理由が連打



X-BEATに比べ今現在やっているAuditionPVSのBeatUpは遥かに難しいですw



そのため連打を容易にするため、メカニカルの赤軸を選びました。


実際連打のある曲をやってみてですが、



メンブレンでも頑張れば、連打は入りますが、メカニカルよりかは劣ると思いました。

SideWinder X4のときよりも

                                                                       今の赤軸の方が軽く、連打が入りやすい!





2つ目は静音性


メカニカルといったら音が大きく、うるさいイメージが強いですが、


それは青軸だけだと思いますw


赤軸はメカニカルの中では非常に静かに作られています。




そのため、音ゲーには非常に優れており、

osu!でも赤軸を使う人は多いみたいです。





3つ目はレスポンス(キーの反応速度)が変更できる



IMG_6293

ちょっと分かりにくいかもしれませんが


F9~F12の下に1x~8xまで書かれてますよね?


こちらがキーの反応速度を最大8倍まで変えることができるボタンになっています。


慣れないときは150bpm以上を8倍で試してましたけど

最近は2倍までしかしていませんww


早くなるにつれ、キーの反応もよく、さらに軽くなった感じになるのですw


ただこれがあると非常に便利でもあります。

むしろこれに惚れてZOWIE GEAR CELERITAS JP2 MX REDを買いましたってくらいww




ただこのキー反応速度を変えるのはPS/2端子のみ(端子は付属済み)。

PS/2にすれば全キーNキーロールオーバーで全部のキーが同時押し可能というまさに優れものw



ギターモードもたまにやるので、同時押しができるという理由も1つありです。









■最終的な感想


最初、ZOWIE GEAR CELERITAS JP2 MX REDを使ったときは




正直ふわふわしてて、軽すぎると思いました。






軽すぎてキーボードまた戻そうかとも悩みましたが、






半年以上使ってだいぶその軽さに慣れましたww






その軽さを表現すると・・・・




リアルフォースの静電容量無接点方式に近い感じ?


よりかは押しやすいです!






ただこのZOWIE GEAR CELERITAS JP2 MX RED


現在生産終了しておらず、中古で買いました。






そして今の現行モデルが・・・


41CGsINGe8L
61VKmarHIqL__SX522_


BenQ ZOWIE CELERITAS II

Amazonで価格を見たところ



19,800円でしたww





file018-7

値段高すぎ高杉くんwwww




だけど、e-sports公認というハイブランドなキーボードだからやっぱ( ゚д゚)ホスィ…ですね。










ゲームランキング



日記・雑談ランキング




↑このページのトップヘ